ABOUT US

オパール
綿を熱加工によって溶かす手法です。
混率のある(綿とポリエステル)生地を使用する事によって写真のようにポリエステルの繊維を残す事が可能です。
またダメージ加工にも使用できるためシルクスクリーンを使用した狙ったダメージも表現可能です。
オパールは熱加工で生地を焦がして表現するため、焦がした生地を落とすための洗いが必要となります。